おかやま教職員 福利厚生ネット
お問い合せ サイトマップ
 
■トップ > こんなときはどうする > 結婚・出産したとき
こんなときはどうする
結婚・出産したとき
結婚したとき
出産したとき
こんなときはどうする
トップページへ戻る
 
 
■結婚したとき

 会員が結婚したときは、結婚祝金が支給されます。
 また、氏名、住所が変更となった場合、組合員証等の変更手続きを行ってください。

結婚祝金
 給付額 ・結婚祝金  【互助組合】  20,000円 (同一人1回 限り)

※請求できるのは婚姻(届出)から3年間
 給付条件  組合員(会員)本人が結婚したとき
 ※事実婚・再婚の場合も対象
 提出書類  ・結婚祝金請求書(互助)


 ・添付書類…婚姻届受理証明書又は戸籍抄本
  ※事実婚の場合は、所属所長の証明書、結婚式場の証明書等

※所属所長を経由して互助組合へ提出してください

組合員証関係
 氏名の
 変更手続
 次の書類を提出してください
 ・組合員証等記載事項等変更申告書(組合員証等を添付)
 ・給付・貸付金等組合員(会員)口座振込申出書
 住所の
 変更手続
 次の書類を提出してください
 ・組合員証等記載事項等変更申告書
 ・国民年金第3号被保険者住所変更届
 配偶者の
 認定手続
 被扶養者として認定する際はこちらの手続をしてください。
 また、国民年金第3号被保険者資格取得届(20歳以上60歳未満の者)を提出してください。整備後、年金事務所に共済組合が代行して提出します。


関連する事業・制度
結婚貸付 組合員、被扶養者又は被扶養者でない子、孫、もしくは弟妹が結婚するため(結婚したことで)資金を必要とするときに貸付けが受けられます。
※詳しくはこちらへ


 
このカテゴリーに関する「Q&A」「様式ダウンロード」はこちらから
共済・互助 Q&A 様式ダウンロード
 
   
このページのトップへ
おかやま教職員福利厚生ネット 情報公開 個人情報保護方針