おかやま教職員 福利厚生ネット
お問い合せ サイトマップ
 
■トップ > こんなときはどうする > 交通事故・災害にあった
こんなときはどうする
交通事故・災害にあった
交通事故にあったとき
■災害にあったとき
非常災害により組合員や家族が死亡したとき
非常災害により組合員や家族の住居、家財に損害を生じたとき
こんなときはどうする
トップページへ戻る
 
 
■交通事故・災害にあった
 
アイコン 交通事故にあったとき
交通事故にあったときイメージ
交通事故など、第三者の行為によってケガをしたり病気になった場合、その治療費は、本来加害者が負担すべき者です。
しかし、加害者に直ちに治療費を負担してもらえない場合には、共済組合へ連絡の上、組合員証を使用することもできます。

組合員証を使用して治療するとき

組合員証を使用することにより、本来は加害者が負担すべきである治療費等を共済組合が「立替払い」をすることになります。共済組合では、「損害賠償申告書」に基づき、その事故に起因する治療費等を加害者に請求します。

組合員証を使用して治療するときは速やかに連絡の上、次の書類を共済組合に提出してください。

【提出書類】
・交通事故証明書(自動車安全運転センター発行)
・事故報告書
・損害賠償申告書
・事故発生状況報告書
・自動車損害賠償責任保険内容明細書
・損害賠償請求の交渉状況及び治療報告書
・誓約書(加害者が共済組合に対して)
同意書

事故にあったら、次のことに留意しましょう
所属所、共済組合に速やかに連絡すること。
どんな小さな事故でも警察に連絡し、事故の確認をすること。なお、軽症であっても人身事故扱いとしてもらうこと。
運転免許証・車検証等で相手等を確かめること。
どんな軽いケガでも、必ず医師の診療を受けること。
相手の主張に安易に同意しないこと。
治療が終了しない間は、示談を急がないこと。

 
このカテゴリーに関する「様式ダウンロード」はこちらから
共済・互助 Q&A 様式ダウンロード
 
   
このページのトップへ
おかやま教職員福利厚生ネット 情報公開 個人情報保護方針